意識の変革 吉野家のフランチャイズ運営

味は変えずに意識の変革を 吉野家
吉野家は1958年に設立し、東京都北区に拠点を置く企業です。
母体は株式会社吉野家で、牛丼をメインとした外食産業を展開しています。
定番商品として「牛丼」を残していきつつ、日々挑戦と革新を積み重ねていく必要性を感じています。
その上で、今までの飲食業界の定義を塗り替えてしまうような「変えていくものの強み」を併せ持つ企業であるように努め、どこか満たされる、元気になるとあり続けたいと考えています。
特徴として吉野家文化、客数増加主義、人財重点主義が挙げられます。
まず吉野家文化とは、様々な場Mんで数字や論理的思考によるコニュニケーション手法を体の一部分として身につけているという「客観的、論理的な考え」のことを指します。
次に客数増加主義とは、新規のお客様の獲得と、現在利用されているお客様の来店頻度を高めることで、客数の増加を図るというものです。
最後に人財重点主義とは、従業員全員に経営感覚が浸透し、全員がベクトルを合せてエネルギーを集めることと、実力・成果主義を基本とし実力を発揮した人財に対して正当な評価システムがあることを示しています。

フランチャイズ運営
加盟金は150万円で保証金は75万円です。
開業前には店長予定者を含めた2名以上を対象に3ヶ月の教育を受けることができます。
この教育は本部側が一定の基準に達したと判断するまで、延長され終了次第開店ができます。
開業後はスーパーバイザーが店舗の運営、商品化の方法、提供のやり方などについて巡回訪問による指導を受けることができます。

吉野家のフランチャイズ